無駄なお金はない

保険見直しをしようと思う多くの人たちには、見直ししようというキッカケがあるようです。それが、それぞれの人たちの節目ではないでしょうか。それぞれの節目において、保険を一度見直ししてみればいいと思います。

保険見直しをしないという人たちも、その節目において、将来設計をしているはずです。もっと確実な将来設計は、保険見直しであるはずです。将来設計をするとき、具体的に可視化することが出来る、ライフプラン表を作成してみてはいかがでしょうか。そのようなものによって、どの時期にお金が一番かかるかということも分かって来ます。そのような時期に、貯金をしておいて、貯金したお金で賄うことが出来ればいいのです。しかし、それが不安というのなら、正しい保険選びをしましょう。

どのような保険があなたにメリットかという問題は、その人それぞれの問題です。あなたにとってデメリットが、他の人たちにメリットかもしれません。  本当に必要な生命保険はどれなのか、真実を語っているのは、将来のあなたのライフプランなのです。

やっぱり保険には入るべきだと思います。しかし、無駄な保険などに入る余裕などほとんどの人たちにないはずです。だから、今、よく考えて見直しをしてみましょう。

デメリットがある?

保険に加入することにデメリットがない訳ではありません。それは、しっかり保険を見てないから、自分にとっては不要な保障が含まれたパッケージになった保険を選択してしまっているかもしれないということです。将来、家計を保険が救ってくれるものの、もっと大事な問題は目先の家計のことかもしれません。日々の生活で、保険料の支払いに苦しめられているなんてやっぱり最悪です。

だから、保険の見直しをして、自分にとってどのような保険が必要なのかしっかり把握する必要があります。保険は、自分で、いろいろ考えながら入るという場合でも、パンフレットに載っているリスク対策や事例をチェックしているうちに、あれもいい、これもいいかも、ということで、どんどん将来に対しての不安も募り、保険で対策をしようという考えが起こって来てしまうものかもしれません。

そのときらは、本来必要としてない保険まで加入して安心したいという気持ちが起こってしまうことにリスクがあります。そのとき間違いなく家計に対して大きな負担がかかることになりますので、しっかり自分の中にぶれない軸を持っていることが大事です。

保険見直しは、やっぱり一度二度、人生の節目においてするべきものです。その前に将来設計を考えてみましょう。

生命保険のメリット

生命保険は保険商品数がとても多くて、商品のプランまで含めれば数百以上もの数が存在します。そのような保険から、保険見直しをしろと言われても、何をどうしていいかさっぱり判らないという人たちがほとんどではないでしょうか。みなさんはどのような環境で保険に入ったのでしょうか。

一時期前、なんとなく保険に入ったという人たちがとても多くいます。そのような人たちは、保険の意味すら知らないのかもしれません。生命保険に加入する最大なメリットは、保険に加入して保険料を払うことで、自分や家族がこうむる危機から守ることです。それは、金銭的な損害を保険会社が引き受けてくれることになるので、高い負担というものの、将来の全体像を見れば、家計を助けてくれる可能性が高いものが保険なのです。

「病気・ケガ」「失業」「死亡」という問題が、家計に大きくのし掛かって来たときに、間違いなく、生命保険の加入があなたを救ってくれるはずです。生命保険に加入する必要がないという人たちもいます。お金が一杯あって、「病気・ケガ」「失業」「死亡」をしても、全然ビクともしないご家庭なら、そのような問題を考える必要はありません。ただし、生命保険加入にデメリットがない訳ではありません。

保険見直しの機会

保険見直しということにどのようなメリットがあるのでしょうか。今、頻繁に保険の見直しということが言われているので、訳も判らないまま、自分の保険はどうかと見直している人たちもいるかもしれません。しかし、もう少し、見直しをして何をするのかということを明確にしましょう。

まず、知って欲しいのは、保険はどれも同じではないということです。しかし、ちょっと昔の時代、保険なんて入ればいい、保険なんてどれも似たり寄ったりという思いが多くの人たちに傾向としてありました。保険のオバサンも、一生懸命会社で保険の勧誘をして、社会人として保険の一つ程度入っておくことがステイタス程度に考えているのではないでしょうか。

つまり、今の時代、そのような過去の事態を一度反省しなければならないようです。保険とはそのようなものではないと考えるべきです。保険は、良い保険、悪い保険というものはなく、どれもそれぞれメリットを持っているモノなのですが、あなたの目的、考えに一番あっているものを選択すべきものです。保険には、 良い保険、悪い保険はないとしても、「損する保険」や「得する保険」はあります。

見直しするということは、簡単に出来ることなのでしょうか。忙しいビジネスマンが、日々いつも保険を見つめていましょうということではありません。保険を見直ししましょうというタイミングもあります。暮らしが変わったり、家族が増えたりした時が検討する機会です。